賃貸オフィスとは

賃貸オフィスとは、個人契約ではなく賃貸法人契約によりオフィスを借りるものです。企業としての信頼度が要件となりますので、誰でも気軽に借りることが出来るというわけではありません。また、不動産会社によっては取り扱っていない可能性もありますので気をつけましょう。

賃貸オフィスを利用するメリット

オフィス
no.1

初期費用を抑えることが出来る

自社オフィスを用意するよりも、賃貸法人契約をかわして賃貸オフィスを用意したほうが、初期費用を格段に抑えることが出来るというメリットがあります。東京の一等地にオフィスを構えたいと考えている人や、初期費用を出来る限り抑えたいと考えている人に大変おすすめです。

no.2

移転や拡張縮小が簡単に出来る

賃貸オフィスであれば、自社オフィスよりも簡単に移転やオフィスの拡張や縮小をすることが出来ます。従業員数が増えて、オフィスが狭くなったときでも、比較的簡単に手続きを進めて移転をすることが可能となりますので、自社ビルを構えるよりも良いと言えるでしょう。

no.3

お客様との信用に欠かせない

賃貸オフィスを構えることで、新規でお取引をするお客様に信用を与えることが出来ます。何もオフィスを構えてなかったり、マンションや自宅で仕事をしたりしていると、あまり仕事をしたくないと感じるお客様もいますので、オフィスをきちんと構えて仕事をするというのは大切です。

自社に適したところを探そう

賃貸オフィスは初期費用を抑えることが出来るなどのメリットが沢山ありますが、自社に適しているところかどうかというのを第一に考えなくてはいけません。何となく都心が良いからといった理由で借りてしまいますと、失敗する恐れがありますので気をつけましょう。

賃貸オフィスとバーチャルオフィスの違い

オフィスとして利用しない

バーチャルオフィスは事業を始める際に必要となる住所や電話番号などの、基本的な情報を借りることが出来ますが、実際にオフィスを構えるわけではありません。そのため、賃貸オフィスよりも安価で一等地の住所を借りることも出来るでしょう。

低コストでオフィスを持つことが出来る

賃貸オフィスは、実際に自分で事務所を構えることが出来るため、同じフロアで仕事をするコワーキングスペースやバーチャルオフィスとは異なります。賃貸のため低コストでオフィスを持つことが出来るのがメリットです。

賃貸オフィスを利用して会社経営を始めよう【契約などの情報まとめ】

秘書と男性

賃貸法人契約をして社宅やオフィスを設ける

賃貸オフィスを持つ際はもちろん、社宅を設けるためにも個人契約ではなく会社の名義でお部屋を借りる賃貸法人契約を結ばなくてはいけません。個人であっても法人であったとしても、入居をするための審査があります。一概に法人契約のほうが審査が厳しいとは言えませんが、入居をする人の収入は基本的に関係ありませんので、オーナーは会社の規模を基準として審査を行います。管理会社によって審査の基準が異なりますので気をつけましょう。

お手頃価格で購入できるオフィスチェアが満載☆

貸事務所を名古屋で探そう!

広告募集中